それを恋と呼ぶのなら。(『悪友』に救われた女の話)

私は昔から、 「キャリアウーマン」に憧れていた。 「カッコイイ女性」になりたかった。 月日は流れ、幼い頃になりたかった、教師・編集者の職に、規模こそ、希望こそ違えど、就くことが出来た。 キャリアウーマンというタイプにも、カッコイイ女性にもなれ…

「何時だって、今日は酔狂」あれこれ感想。

主催者様の丁寧な総評を拝読して、各々方の振り返りを読んで、振り返るまでが、小説だな、と感じたので、振り返ってみます。振り返るほどの、なにがあるわけでないですが。 novelcluster.hatenablog.jp はじめに言っておきますと、「初めて小説を書いた」み…

「何時だって、今日は酔狂」

久々の更新が小説になるとは、思いもしませんでした。 というか、「そうだ、小説を書こう」と、きちんと書いたこともないのに、 書いてしまいました。初めてきちんと書いたので、小説という代物ではない気が しますが、↓のような、「初心者こそ」というよう…

働く・はた楽・はたら苦

映画を観たので、そのブログを更新しようと思ったら、このブログに読者が1名ついていて、非常に驚いた。一体、何をどうしたら、この全然更新されていないこじらせブログを読もうという気になるのか……。誤操作かな? 誤操作なら、この更新で気づいてくれるこ…

今、ここにいる自分の見え方について。

このブログ、余りにもネガティヴだから、もう消して、趣味ブログにしようかと思ったけれども、読み返してみたら、このブログが1番、私らしいから、残したままにしとこう。誰にも関係ないことだけれども。100日くらいブログ更新してなかったなー。書くことは…

く…く…くっそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンサート参戦記録のブログ、5.6時間かけて書いていたやつ…… 一瞬にして…消えたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー! 下書き保存していなかった、自分が憎い………。 くそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

一か月半もあったのに、殆ど準備が出来ないまま、あと一週間…。怖い。怖い。 タイムリミットは刻々と近づいていく。 憂鬱と気怠さの中に、焦燥と茫然を感じる。何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのだろう。 過ぎ去りし時間が教えてくれる助言を、何時も無知…

幸福な不幸

正直、私は恵まれている方だと思う。自宅暮らしで、家事は出来る人がやるという分業制なので、仕事から帰ってきて、家事全般を必ずしもやらなくてはいけないわけでもない。何より、悩みや愚痴を聞いてくれる人がいることはすごく心強いことだとも思うのだ。…

自意識と超自我の葛藤のなかで。

GW2日目でございます。全然、ゴールデンではないですが。仕事のことを 考えて、気分はブルーでございます。 1か月働いてみて・・・。やはり、人前に立つ人間では無いことを痛感。 人を指揮する能力もなくて、途方にくれて心が涙を流している。 人は好き…

新垣結衣と私。

ガッキーこと新垣結衣さんと私。 要するに、美人とブスということだ。 柚木麻子さんの「嘆きの美女」という小説を読んで、痛烈に感想を残したくなったので、記録しておく。 『嘆きの美女』(なげきのびじょ)は、柚木麻子による日本の小説。雑誌『AERA』のウ…

留まることのない悲しみの名はきっと…。

就職先が確定して、1日が経ちました…。 全然、心が晴れやかでない! むしろ、不安で胸が押しつぶされそうである。(どうせなら、腹を押しつぶしてほしい←) どんな仕事に就いたって、苦しみや悲しみを伴うだろう。 希望や夢なんて、所詮戯言にしかすぎなくて、…

渦に飲み込まれてみる。

3月。綺麗なスーツを着た、綺麗な子達が増えた。 それはそうだよね、3月で2016年度採用活動解禁になったんだもの。 可愛い子達は、あっという間に大手に決まって、うえ~いとやることでしょう。 僻みか?って。僻みですよね。能力も、美貌も魅力もない私の。…

最悪な日曜。

直近に書いたのが112日前か…。言葉を紡ぐのが好きなのに、紡ぐことから逃れていたのは、この日記に書いていること、書こうと思うことに、逃れたい「現実」があるから。 今日、3月1日より、2016年度の就職活動が(表だって)解禁した。 しかしながら、今年卒業…

相変わらずの日常

はぁ。こんだけ日にちが立っているというのに、まだ内定は取れておりません。 正直な話、面接を通ったことがありません。(グループディスカッション等は通ります) 私は驚くぐらい緊張してしまうのです。私の中では緊張していないつもりの時でさえも 緊張しな…

午前2時の憂鬱。

22日発売の嵐のアルバムをやっと取りに行ってきた。 予約した本屋は気持ち家から遠いので(車で10分強)、少し億劫になっていたのだ。 物理的距離、というよりは心理的距離であったような気がするけれど。 CDを買い、漫画を2冊買って、車に乗る。嵐のCDを車…

アフターダーク

村上春樹氏の「アフターダーク」を御存じだろうか。村上春樹氏特有のカフェでお洒落に読む話という感じではない、少し毛色の違った小説である。(実際にはカフェで読んでいたら、頭の処理が追いつかなくなるくらい観念的で興味深いのだけれど) 私が「アフター…

本日も内定なし。 今日は巷では、「内定式」なるものが行われていたようですが、残念ながら 関係のない話です。 にしても今日は散々な日だ。 好きなアーティストのコンサートは外れるし、 塾のバイトではあからさまな低評価受けるし(これは順当だから批判は…

仕事ください。

こうやって露骨に書くと、大抵の人がえも言われぬ不快感に襲われると思う。 「そんなこと言うなら、こんな誰も見ていないブログなんか書かずに、 エントリーシートの1つでも2つでも書け」 と、至極まっとうな答えが飛んできそうである。 無論、そうなので…

なんとなく、倦怠感。

物思いに耽って、何かを書いていると落ち着く。 大それた思いも、人に自慢できるような特技も無くたって、 誰に見られるわけでも無くたって、「書く」という行為が、私の思いを 昇華してくれるのだ。 私でない私が、一方で、完全なる私として表出しており、…