読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留まることのない悲しみの名はきっと…。

就職先が確定して、1日が経ちました…。

 

全然、心が晴れやかでない!

 

むしろ、不安で胸が押しつぶされそうである。(どうせなら、腹を押しつぶしてほしい←)

 

 

どんな仕事に就いたって、苦しみや悲しみを伴うだろう。

 希望や夢なんて、所詮戯言にしかすぎなくて、1日の大半を苦悩で過ごすとなると

将来の不明瞭さにぞっとする。

 

どれだけ私が、「学校」という場所に守られ、「学生」という立場に胡坐をかいていたかがわかる。

 

同じ定規で測られて、裁断され、同じ様な仲間のいる場所に預けられ、

似たような日々を過ごすことが、どれほど恵まれていたことだったかを痛感する。

 

 

それでも。私は生きていかなければならない。明日のことだって何もわからないのだから、1年後どうなっているのかも検討がつかない。

 

一歩一歩夢中で生きて、悲しみと共に歩んでいくんだ。

それが、「生きていくこと」だろう。

 

 

明日は、卒業式だ。

苦味を持った、社会の中で、あがいてみますか。