読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、ここにいる自分の見え方について。

このブログ、余りにもネガティヴだから、

もう消して、趣味ブログにしようかと思った
けれども、読み返してみたら、
このブログが1番、私らしいから、
残したままにしとこう。
誰にも関係ないことだけれども。




100日くらいブログ更新してなかったなー。
書くことは山程あったのに、
書く気力も無くて、
書けば少しはスッキリするだろうに、
その時間を作る気持ちの余裕が無くて‥。




1年間、非常勤講師として働いて、
凄くダメダメで無能な自分と何度も
出会って、毎日が憂鬱で、生徒に対して
申し訳なさを感じていて、
そう感じることで頑張れないことの免罪符に
していた自分も許せなくて……。




それでも、1年間やってきて、
この時間は無駄ではなかったな、と。
素敵な人達に出会えて、経験値少しだけ上がって、何より「国語」というものに向き合えた。


最後の日、一抹の寂しさに襲われて、
あんなに嫌だったのに、と、
自分自身に小さく微笑んだ。

マラソンのようなものだったのだろうな。
走るのはキツくて途中投げ出したくなるけれども、ゴールが見えてからは、どこか
温度も上がって、少しゴールするのが
惜しくなるような……。



…と言っても、マラソンなどと云う、
運動能力が高くなければ出来ないもの、
やったことはないけれども。








講師として未熟なところが多くて、
私には到底勤まらないなと、
私の中の私が判断してしまって、
実は現在、出版関係の契約社員をしています。
早い話が編集です。
私が中学の頃から、焦がれて焦がれて仕方が無かったものに契約であるけれども、就きました。




入社して1ヶ月、ビックリするほど
穏やかな日常を過ごしています。
自分で1番驚いたのは、日曜日がそこまで
憂鬱では無くなったこと。
1年目は、日曜は胃が痛くなって、
頭が痛くなって、お腹が痛くなっていた。

今も休んでいたいなという気持ちは当然
あるけれども、残した仕事早くらねばという
気持ちも有って、本当に仰天だ。



まだ、正式なお給料は貰っていないけれども、
かなり減るだろうと思う。
だけども、今は自分の1番やりたいことを
やれて充実している。


契約だから、今後ずっと働けるか分からない
けれども、ずっと出版と触れ合えればな、と
今は思っている。


来年のことはまだ何もわからないし、
今日の事すら不確定要素満載だけれども、
今日を今日として生きていくと、
それがいつしか線となって存在するのだろうな
と思う。
不器用な私は、その線をキレイにひこうなんて
思わず、味のある自分の好きな線がそこに
存在する結果となるといいな。



半年後には、憂鬱かもしれないけれども、
とりあえず今は元気です。


人生案外、何とかなるものです。
就活に疲れて私のブログに来た人も
大丈夫です。
私がとりあえず何とかなったのですから。
2年前の絶望と焦燥に比べれば、
今はずっと穏やかです。



諸行無常、変わらぬものなどないと
強く生きようと思います。





 纏まりがなくなってしまいましたが、
読んでくださった方、ありがとうございました。