「何時だって、今日は酔狂」あれこれ感想。

 主催者様の丁寧な総評を拝読して、各々方の振り返りを読んで、振り返るまでが、小説だな、と感じたので、振り返ってみます。振り返るほどの、なにがあるわけでないですが。

 

novelcluster.hatenablog.jp

 

はじめに言っておきますと、「初めて小説を書いた」みたいな口ぶりで書いて、低いハードルを更に下げようとしました。ええ。

でも、小説をきちんと書きたいと思っていたのは本当で、それこそ、「書き途中」な小説の欠片は沢山あるんですよね……。

 今回の小説も、書いてみて書きあぐねていたものを変更して書いたものです。「桜」に象徴されていたものは、もともとは、「夕暮」でした。そのため、読んでみると、「桜」にすると、公園が少々浮く形になってしまったかもしれません。私の力量の無さと、そもそもの設定が良くなかったというところもあると思いますが。

 でも、短編とはいえ、完成まで書けたのは、一つの自信になりました。これから、また、書いていければと思います。

 備忘録として、感想等を載せて行こうと思います。

 

 

【参加者の皆様の作品について】

 あーーーーー。私、しまった、と思いましたね、ええ。

検索で、「小説 短編」か何かで引っかかって知った会で、よし、出そう!と勢い余って出してしまいまいしたが、みなさん、非常にレベルが高くて……。

草野球に参加したつもりが、社会人野球だった…といった感じです。

過去の作品をきちんと拝読せず、応募してしまい申し訳ありません…。

「初心者」という部分で、妙な安心感で応募してしまいました……。

 

何を間違ったか、はたまた、こんな小説で良く参加できるな、あっぱれだの意味なのか、スターを押して下さる優しい方が居て、ありがたい…となりつつも、他の方にスターを押し返したら面白いと思って押しても、「お前、自分のレベル分かってんの? 慈悲で押してやったのに、同志にされたら困るんだけど」と思われそうで、押せませんでした。(自意識過剰)

すみません。掲載作品は全て、拝読させていただきました。

「桜」の使い方もそれぞれ特色があって、とても興味深かったし、純粋に面白かったです。また、拝読させていただきたいです。

 

 

【主催者様の感想について】

 

正直、初心者と言ってもこのレベルで出してくるとは……と爆裂に批判されると思っていたので、優しい言葉に全私が泣きました…ええ…。

 

心理描写が私の経験だと、良くお気づきで…。って、こんな屈折した面倒なやつ、そうそうおりませんよね……。性格滅茶苦茶ねじ曲がってるし……。

とはいえ、登場人物ほどではありません。(と信じたい)

私の思考の欠片をつなぎ合わせて、圧縮した感じです。

コンプレックスを昇華できたのかは、分かりませんが、元々書こうとしたオチが、

ホスト狂したあげく借金苦なので、それよりは存分平和な終わり方なのかなとも思います。

 

でも、「また何かを書きたくなったら、是非心の赴くままに書いて欲しいと世界のどこから応援していますよ。」

という一文は、やはり、この会の水準ではありませんが、「書く」と言う行為は否定しませんよ、という、やんわりとした、そう言うならば、丁寧なお祈りメールのような感じがしました…。(そのような意が無かったらすみません)

とても悔しいと感じたので、これだ、というものが出来たとき、note版に参加させていただきたいな、と思っております。そのときはぜひよろしくお願い申し上げます。

 

【小説を書くということ】

今回の小説もなんですが、私の書いたものって、自意識ダダ漏れというか、ダサいというか、けれども、書くということが、カタルシスを与えてくれるものだから、書きなぐって、でもつまらない自分に落胆して…の繰り返しだったんです。

公に書いて、誰にも見向きされなかったら、悲しいな…って、自分のために書くのに、人に評価されたい、という自分の醜い感情と向き合わなければならないのが嫌で。加えて、自分に才能がないことを証明されるのが怖くて。「才能があるかもしれない自分」を守りたくて。

それこそ、「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」の持ち主だったんです。

それでいて、綿矢りささんや朝井リョウさんなんか、イケてる小説家に嫉妬して、

なんで私はかけないんだろうって悩んで……。又吉直樹さんや、加藤シゲアキさん

という自分が好きなタレントが出される本を歯ぎしりしながら、読んで……。

 

そんな、高校・大学・社会人時代をすごしているなかで、ある友人が小説家を目指していることを打ち明けてくれて、小説を読ませてくれたのです。

 

……シンプルに悔しかった。とても、優しくてよい文章だった。

本の話はしていたけれど、小説を書いているのは知らなかったから、吃驚はしたけど、

意外ではなくて、確実にステップアップしている彼女を見て、痛烈に私も書きたい、ってなったのです。

とは言え、彼女のように急に長編を書くのは難しいだろうから、短編を書いてみよう…となったわけです。

 

とりあえずでも、書ききれたので、今度は3人称で、自意識から離れた小説にしてみようと思います。少しずつ書いていって、最終的には、長編を1本書ききりたいです。

 

楽しみながら、苦しみながら、頑張ってみます。